2019年3月

【お茶室FAQ】お茶室全体をプロデュースしています

もとやま畳店では、京都、東京などでお茶室の畳を多く施工させていただいております。
お客様よりよくご質問いただく項目をQ&Aでまとめてみました。
畳だけではなく、炉の移動、大工さんの手配など、お茶室トータルで幅広くご相談をお受けしております。
もちろんHP、お電話でのお問合せもいつでもお待ちしております。

Q&Aの他に、HPにお茶室について詳しく掲載しております。合わせてご覧下さい。
お茶室の畳について
お茶室関連料金表

Q:点前畳の幅を京間サイズ3尺1寸5分(955mm)にしたいのですが。
A:基本的に可能ですが、大工さんの現状確認が必要です。大工さんの現状確認ももちろん手配致します。

Q:点前畳を京間にする場合、使っている畳は使えるのでしょうか。
A:点前畳とそれに連なる踏込み畳は新調が必要ですが、他の畳は基本的には寸法の調整をして使えます。お見積の時に、確認させて頂きます。

Q:茶室目六四目とは何でしょうか。
A:通常の畳表は、京間幅3尺1寸5分(955mm)の縁内で、63目と端数が出ますが、茶室目六四目を使うと両方の縁が畳目に乗ります。建水側の縁も、畳目に丁度乗るのです。

Q:点前畳を京間の幅にすると、炉と蛭釘の移動が必要になりませんか。
A:はい、必要になります。その場合、お茶室に精通した大工さんを手配し、施工までさせて頂きます。

Q:この機会に、本塗の炉壇にしたいのですが、どうすればいいのでしょうか。
A:京都の炉檀師が作った炉壇をご紹介させて頂き、設置までさせて頂きます。もちろん、塗り直しのアフターケアーも手配させて頂きます。

Q:部屋をお茶室にしたいのですが、どうすればいいのでしょうか。
A:お茶室に必要な業者(大工・表具師・左官・庭師など)を手配いたします。

Q:関東で依頼すると、京都からの出張費がお高いのでは…
A:小金井市に東京工房がございますので、関東近郊のお客様は東京工房が起点となります。ご安心下さい。

正座しやすい畳「坐匠」実用新案登録されました

茶道に必要不可欠な「正座」。
そのハードルを下げ、茶道をよりお楽しみいただけるよう、
東洋紡の特殊なクッション素材「ブレエスエアー」を用い、もとやま畳店が開発しました「坐匠」。
この度、実用新案に登録されました。

大変ご好評をいただいております「坐匠」
この機会にぜひご検討ください。

坐匠のページはこちら

東洋紡ブレスエアーのページはこちら

ハーゲンダッツ様 TVCMの畳を製作しました

少し前に放映されていた、「ハーゲンダッツ グリーンティー」CM撮影用のカラー畳を製作させていただきました。

黒のカラー畳に抹茶のグリーンがとても映えて、シックな雰囲気ですね!
実績に、他の写真も掲載しています。
ぜひご覧ください!

出張無料エリアを拡大中です。
正座しやすい畳 坐匠
厳選京たたみ もとやまセレクト畳 京表具 金襴緞子広縁畳 高品質置き畳 バリ藍染広縁畳 高品質置き畳 土佐表京たたみ 龍洛

京たたみを日本全国、世界中へお届けします。

ご依頼から、作業完了までの流れをご説明いたします。

お問合せお問合せ
Page Top